スペイン系企業で働く・求人を探す

スペインは、2013年度の名目GDPランキング世界13位・ヨーロッパ圏では6位となっています。近年転職を希望する方が増えているスペインの外資系企業ですが、しかし、ヨーロッパや中南米へのグローバル展開に留まる企業も多いため、現段階では転職が成功する可能性は極めて低いと言えます。ここでは、スペインの外資系企業の特徴や業界別の動向について解説しています。

スペインの市場動向

スペインの名目GDPは1兆3,586億ドル(2013年度)となっており、ヨーロッパ圏では第6位の経済規模を誇ります。しかし、近年の世界金融危機がスペイン国内に与えた影響は大きく、2012年10月時点の失業率は25%、若年失業率は52%を超えており、失業率の回復は国家の至上命題となっています。スペイン経済の主な産業は、鉱業・農業・自動車となっており、特に鉱業は豊富な鉱物がスペイン国内に存在することから、重要産業に位置付けられています。

スペインの外資系企業の特徴

ここでは、スペインの外資系企業特有の2つの特徴について解説しています。スペインの外資系企業に関する情報は、多くは出回っていないということが実情であるため、転職活動にあたっては転職エージェントなどを利用して、個別のスペイン系企業の情報をチェックすることが重要です。

中小企業や零細企業が大半を占める

スペインには一部大手企業が存在するものの、大半は中小企業や零細企業に占められており、実際にスペインのGDPの大半は中小・零細企業によって支えられています。よって、スペインの外資系企業への転職をお考えの方は、スペイン系企業の採用情報にリーチすることが極めて難しいことと、他のヨーロッパ諸国の外資系企業と比較して、人事評価を始めとした社内制度が整備されていない可能性が高いことに注意して転職活動を進めることをおすすめします。

長期休暇や有給休暇を取得しやすい環境にある

他のヨーロッパ諸国の外資系企業と同様に、スペインの外資系企業においても長期休暇や有給休暇を取得しやすい環境が整えられており、1ヶ月間まとめて長期休暇(バカンス)を取得するということも決して珍しくありません。ただしスペイン国内では、長期休暇(バカンス)の直前に労働契約を解除してしまうという問題が度々発生しているため、スペイン系企業特有の注意点としておさえておきましょう。

業界別に見るスペインの外資系企業

スペインでは、自動車および食品が重要産業として位置づけられており、よって日本市場へ進出しているもしくは今後進出が期待されるスペイン系企業の大半は、この2つの業界に限られると考えられます。

自動車業界(自動車メーカー)

スペインの自動車業界(自動車メーカー)の動向

国際自動車工業連合会が発表した、2012年度国別自動車生産台数のデータによると、スペインは世界で12番目・ヨーロッパ圏ではドイツに次ぎ2番目に自動車の生産台数が多い国となっています。また、スペインはモータースポーツが盛んであることから、スポーツカーの生産が盛んに行われています。

しかし、2000年初頭のスペイン政府の政策転換により、ドイツやフランスの自動車メーカーにスペイン独自の自動車メーカーが買収されるという事態が相次ぎ、現在ではほとんどの自動車メーカーが外国の傘下に入っています。よって、スペイン系自動車メーカーへの転職活動においては、本社(買収元)の日本法人や日本市場に対する考え方や戦略をじっくりと分析することが重要であると言えます。

代表的なスペイン系自動車メーカーの動向

1.セアト

セアト(SEAT S.A.)は、スペイン・カタルーニャ州に本拠を持つ自動車会社であり、現在はドイツのフォルクスワーゲン・グループの傘下となっています。スペイン国内およびヨーロッパ圏の販売が主となっており、一部の製品を除いて日本への正規輸入・販売は行っていません。

2.イスパノ・スイサ

イスパノ・スイサ(Hispano-Suiza)は、スペインで創業した自動車会社であり、現在はフランスのグループ企業であるサフラングループの傘下に入っています。セアトと同様に、スペイン国内およびヨーロッパ圏の販売が主となっており、日本での販売は行っていません。

代表的なスペイン系自動車メーカー

セアト、イスパノ・スイサ、デルビ、トラモンターナ、コマルト、ガスガス(オートバイ)、シェルコ(オートバイ)、チスパ(オートバイ)、ホタガス(オートバイ)、リエフ(オートバイ)、ゼウス(自動車部品)

食品・飲料業界

スペインの食品・飲料業界の動向

スペイン系食品・飲料メーカーといえば、お菓子のチュッパチャプスをイメージされる方が多いかと思いますが、それ以外にも、スペインの温暖な地中海性気候に最適なワインやオリーブ(オイル)といった食品に強みを持っています。スペイン産の食品は日本の輸入代理店を通して日本のスーパーマーケットに並ぶことはあっても、日本法人を置いて販路拡大・販売促進を行うといったことは少ないため、スペイン系の食品・飲料メーカーへの転職の門戸は極めて狭いと言えます。

代表的なスペイン系食品・飲料メーカー

オズボーン、コルドニウ・グループ、チュッパチャプス、カルボネール

スペイン系企業に強い転職エージェント

スペイン系企業へ転職するにあたっては、求人情報はもちろんのこと、個別企業の経営スタイルや事業戦略、企業風土、人事評価制度、報酬体系など、事前の情報収集が非常に大事です。また、企業ごとの職務経歴書のポイントや面接通過のポイントなどの情報についても、事前におさえておきたいところです。一人で情報収集をするのは限界がありますので、外資系に強い下記転職エージェントを活用して情報を効率的に集めましょう。

リクルートエージェントは、国内最大手ということで他社に比べて非公開求人数も圧倒的なので、まずはじめに登録しておきたい転職エージェントです。企業の情報量についても群を抜いていますので、応募先の内部情報や面接前後のフォローなど手厚いサポートを受けることができます。アデコは、スイス発の外資系転職エージェントなので、スペインを含めた欧米系の求人に強いという特徴があります。また、外資系の企業に精通したコンサルタントも豊富で、登録後に色々なアドバイスを受けることができます。一方、JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントで独自のグローバルネットワークと豊富な非公開求人(全体の70%)を保有しています。

関連記事