外資系転職で転職エージェントを使う意義

外資系転職エージェントとは、外資系企業への転職支援を行う人材紹介会社を指します。外資系企業への転職にあたっては、外資系企業特有の採用体制や企業文化を理解し、転職活動の戦略を立てることが極めて重要であるため、外資系転職エージェントを活用し転職活動を効率的に進めましょう。

外資系転職エージェントを利用するメリット

当サイトにて外資系転職エージェントの利用をおすすめするのには明確な理由があります。ここでは、外資系転職エージェントを利用する3つのメリットについて紹介していますので、是非ご利用を検討してみてはいかがでしょうか?

1.外資系企業に関する情報を効率的に収集できる

外資系転職エージェントを利用する大きなメリットとして、外資系企業に関する情報を効率的に収集できるということが挙げられます。特に、現在日系企業に在職中の方であれば、本業と並行して転職活動を進めなければならないため、情報収集にさほど時間を充てられないというのが実情だと思います。転職エージェントに登録しておくだけで、外資系企業の求人情報を始めとした情報を自動的に収集できる体制を整えることができ、加えて特定の外資系企業に関する質問を転職エージェントにぶつけることも可能です。

2.非公開の求人にリーチすることができる

理由については後述しますが、外資系企業は求人情報を非公開とするケースが数多く存在するため、公開されている求人案件だけを頼りに転職活動を行うと、年収や労働環境の面で納得の行く転職先が見つからないということは珍しくありません。この課題は外資系転職エージェントを活用することで簡単に解消することが可能であり、事実として、転職エージェント大手のリクルートエージェントの保有する求人案件の90%・JAC Recruitmentの70%は非公開求人となっています。また、場合によっては、採用活動を行っていない外資系企業に対して、転職エージェントにアプローチをお願いするといったことも可能です。

3.書類の添削や面接対策を受けることができる

英文での履歴書の作成や英語でのスピーチなど、外資系企業への転職にあたっては日系企業への転職にはない特有のスキル・コツが必要となります。ビジネス系英会話スクールに通われている方や、外資系企業に勤める知人がいらっしゃる方であれば、英文書類の添削や面接のロールプレイングを受けることができるかと思いますが、有料サービスであったりそういった知人をお持ちでなかったりというケースも少なくないかと思います。そのような場合に利用価値の高いサービスが、外資系転職エージェントが基本的に無料で提供している書類添削サービスや面接対策サービスです。特定の外資系企業における転職活動のコツなども教えてもらうことができるため、積極的に利用したいサービスと言えます。

外資系企業の求人情報が非公開である理由

なぜ外資系企業の求人情報が非公開であることが多いのか、疑問に感じられる方も多いと思います。ここでは、外資系企業の求人情報が非公開である2つの理由について解説しています。

1.競合企業や自社の社員に採用活動について知られたくないため

企業の採用情報は、経営課題や戦略が反映された情報であるため、競合企業に自社の採用活動について知られたくないと考える企業は少なくありません。また、外資系企業は在任中のポストに対して、現任者の解雇を前提に採用活動を行うことも珍しくないため、社内のスタッフに採用活動について知られたくないというケースもあります。

2.採用に対して多額のコストを投じることができないため

日系企業と比較して採用コスト意識の高い外資系企業では、できる限り低コストで優秀な人材を採用したいと考えます。よって、一般的な求人サイトに求人情報を掲載してしまうと、ランニングで固定費用が発生してしまうばかりか、ターゲットとならない求職者の応募が増加してしまうというリスクが発生するため、成果報酬型の転職エージェントを利用し求人情報を非公開にするという選択をします。

外資系企業への転職に強い転職エージェント

当サイトでは、特に外資系企業への転職に強い3つの転職エージェントをご紹介しています。転職活動における心強いパートナーである転職エージェントを上手に活用して、転職活動を効率的に進めましょう!