外資系企業への転職理由

外資系企業への転職を検討している方に、転職を検討する理由をたずねてみると、自身のスキルを活かしたい、グローバルに仕事がしたい、大きな仕事に挑戦したい、高い給与を得たいといったことが挙がります。

外資系企業への主な転職理由

外資系企業への主な転職理由として、下記のようなものが挙げられます。

  • 語学やスキルを活かしたい
  • 海外で働きたい、グローバルに働きたい
  • 今とは違う新しい世界に飛び込みたい
  • 若くても仕事を任せてもらえる
  • 高い給与水準に惹かれる

以下で、これらの転職理由を一つ一つ詳しく見ていきましょう。

語学やスキルを活かしたい

外資系企業では、さまざまな国籍の人が在籍していることが多いため、英語を用いたコミュニケーションが一般的です。英語を習得したいと考えている人や、身につけた語学力を活かした仕事をしたいと考えている人には外資系企業はとても魅力的な場と言えるでしょう。また、外資系企業ではスペシャリストが好まれる傾向がありますので、経理やマーケティングなどその道のプロを目指したいという場合にも、スキルを磨くチャンスに恵まれます。

海外で働きたい、グローバルに働きたい

海外拠点を多く持つ外資系企業で働いていれば、日本を飛び出して海外拠点で働くことができるチャンスがあります。それ以外にも、上司が本国の人である場合や、サプライチェーンなどグローバルネットワークを扱う仕事に携わることができれば、グローバルに仕事を展開することが可能です。

今とは違う新しい世界に飛び込みたい

日系大手企業の多くが、すでにビジネスが仕組み化されているため、どうしてもルーチンの繰り返しになってしまうという悩みを持ってしまいます。そのため、今いる環境を飛び出して、経験したことがない領域でビジネスをしたいという転職志向を持つ人も多くいます。

若くても仕事を任せてもらえる

外資系企業では、年功序列という考え方は一般的でないため、年齢が若くても周りと対等に扱われます。若い内に色々なことにチャレンジして経験の幅を広げたいと考えている人は、チャンスを求めて外資系企業への転職を選択しています。

高い給与水準に惹かれる

外資系企業では、実力主義・成果主義で頑張った分だけリターンが期待できるということや、日系企業よりも昇進のスピードも早いため、なかなか上がらない給与状況を不満に思っている人にとっては、外資系企業の給与水準は魅力的に映ります。

なお、「給与水準が高い」という点に関して、ロバート・ウォルターズ・ジャパンの職務環境調査(2013年)によると、転職を検討する際の昇給額として最も回答数が多かったのは、現在の年収より10%~15%高い年収水準という結果が出ています。年収アップを期待する転職者の心情としては「5%アップだと少ないが、20%アップは少し期待し過ぎだろう」といったところでしょうか?

外資系企業への転職をお考えの方へ

外資系企業に関する情報はあまり多く出回っていないため、、今のスキルや専門性が外資系でも通用するかどうか、プロのアドバイスも参考にしたいところです。

はじめて外資系企業への転職を検討されている方や未経験業界や職種への応募を検討中の方は、下記の外資系求人に強い転職エージェントを活用して効率的に情報収集をすると良いでしょう。

転職エージェントのコンサルタントからは、業界・職種に関する詳細な情報はもちろん、条件の良い非公開求人の紹介、個別企業の内部情報や職務経歴書・面接のポイント、面接日程の調整、転職の条件交渉などのサポートを受けることもできます。ぜひ活用してください。

関連記事