外資系企業の転職に英語力は必要?

外資系企業への転職の際に、一番不安に感じるところが「英語力」です。

転職しようとしている企業や組織の形態によって、求められる英語の習熟度や必要度にバラつきは出ますが、基本的には英語力は必須スキルです。とはいえ、入社直後から英語をフル活用しなければならない場合と、初め実務では必要としない場合があります。しかし、本社から送られてくる書類やメールが英語で記載されており、その後のやり取りも英語で行わなければならないことは珍しくないため、今現在、英語の習得が進んでいない人でも外資系への転職を描かれるのであれば、基本的な読み書きは習得しておくべきです。

それでは具体的に、どのような仕事であればどの程度の英語力が必要になるのか解説していきます。

転職時点では英語力が求められないケース

上述した通り、基本的には外資系企業へ転職するのであれば英語力は必須であるため、TOEICやTOEFLの点数によって書類選考で足切りされるケースは珍しくありません。そういった意味では、転職にあたって英語力を求められないケースというのは非常に限定的です。

第二新卒を積極的に採用している企業

限定的なケースにあたる具体例の1つとして、いわゆる第2新卒と呼ばれるような年代での転職なのであれば、選考で英語力を厳しく求められるケースは少なくなります。もちろん、これは今後含めて永劫的に英語力を求められないわけではありません。入社時点で英語力よりもその他のビジネススキルや志向を重視した選考を行うというだけであり、就業後の早期に英語力を習得しなければならないことは避けられません。

日本法人のローカライズを進めている企業

また、日本法人のローカライズが極めて進んでいる企業の場合も、英語力を強く求めないケースが稀にあります。基本的な権限はすべて日本法人に委譲されており、本社の人間とのコミュニケーションをとるのは、ごく一部の上層部だけという体制を取る企業が該当します。ただ、数ある求人情報の中からこの条件に該当する求人を探すのは非常に労力がかかりますので、転職エージェントなどを活用することをおすすめします。

英語力を有していることが前提となるケース

TOEICで少なくても900点以上の英語力が求められるケースにも触れておきましょう。

幹部職の求人

まず幹部ポジションを狙うのであれば、ビジネス・コミュニケーションを英語で取れることが前提となります。当然、海外の本社の人間とコミュニケーションを問題なく円滑に取れることが求められますので、そのレベルの英語力がなければポストは用意されません。

上司が外国人、もしくは社内の外国人比率が高い企業の求人

幹部ポジションでなかったとしても上司が外国人になるのであれば、高い英語力を有していることが前提として求められます。日常的に英語を用いたコミュニケーションを行えることが前提になる訳ですから当然と言えば当然です。また、勤務先の日本支社で働いている社員の外国人比率が高い場合も、高い英語力が前提として求められます。

しかし、上司が外国人なのか、社内の外国人比率は高いのかといった情報を、公開されている求人情報から読み取るのは非現実的です。このような時は転職エージェントを上手く活用して、応募先の内部情報を入手して対策を検討することが望ましいと言えます。

英語力を高めるメリット

英語力に自信がない方にとってはとても耳の痛い話をしてしまいましたが、英語力はある程度は避けることの出来ないテーマです。そうであれば出来る限り前向きに現実を捉えていただき、学習に取り組んでいただきたいので、英語を習得することで得ることのできるメリットも整理してみたいと思います。

昇進・昇給の機会が広がる

英語力を高める最大のメリットは、何と言っても昇進・昇給の機会が広がることです。当然、目標を達成しパフォーマンスを高めることが前提にはなりますので、英語力の向上に比例して活躍できるシーンやポジションも広がりますので、昇進・昇給の際など様々な局面で有利に働いてきます。

海外出張などの機会が広がる

例えば、英語力がしっかりと身につけば、海外とのやり取りが発生するような仕事にもアサイン(任命)される可能性は高まります。また、海外出張や海外研修への参加といった門戸も開かれます。様々な知識や経験を踏める機械に恵まれるので、英語力のない人と比べると、相対的にグローバルキャリアを育みやすくなります。

TOEICスコアで定量的な目標設定を!

日本ではTOEICスコアを評価対象にしている外資系企業が大半ですので、このスコアを高めていくことを目標に置くとよいでしょう。それでは具体的にどの程度のスコアを狙うべきなのでしょうか?

まず幹部ポジションを狙うのであれば、TOEIC900点以上は欲しいところです。派遣社員として事務職を行うのであれば700点以上で十分かもしれませんが、正社員として働きたい、キャリアアップを狙いたいと考えるのであれば、800点を基準とされることをおすすめします。

転職の必須スキルとして英語の学習を進めましょう

総括として言えることは、英語力は外資系企業に転職するのであれば避けては通れないテーマである、ということです。必要性が低いポジションもありますが、その分、英語力を不問とするレベルのスキルや経験が必要となります。

学習目標としてTOEIC800点以上を目指す

今現在、英語に苦手意識を持っている方は、外資系企業への転職を成功させるためにも強くコミットして学習に取り組まれることをおすすめします。まずはTOEIC800点以上をゴールに設定して下さい。

楽天やユニクロのようにグローバル展開している日系企業でも英語を社内の公用語として定義している時代です。それに伴い英会話スクールや、オンライン英会話サービス、各種学習教材などが豊富に出ていますので、昔と比較すれば非常に英語を学びやすい環境は整っていると言ってよいでしょう。