外資系IT業界の求人・年収

外資系IT業界(IT・通信・インターネット関連)は、日系企業と同様に転職ニーズが高く人気の高い業界の1つです。既存の概念や技術を超えて、最新の製品・サービスを市場に提供しイノベーションを起こすことは、非常にやりがいのあるダイナミックな仕事です。ここでは、外資系IT業界の転職をお考えの方に、IT業界の職種や業務内容、特徴や人材要件について解説しています。

外資系IT業界の代表的な業種と職種

IT業界と一言で言っても、多様な業種と職種が存在します。外資系IT企業への転職にあたっては、特に実務経験を強く求められるため、これまでのキャリアと業種・職種との親和性・関連性を正しく理解することが重要です。

外資系IT業界の主な業種

ITメーカー(ハードウェア・ソフトウェア)

通信機器や情報処理機器などのハードウェアを製造するハードウェアメーカーと、業務システムやアプリケーションを開発するソフトウェアメーカーに分類されます。外資系ITメーカーの日本支社では、主に本社で開発したハードウェア・ソフトウェアを、日本市場向けに最適化し販促することが基本業務となります。

※代表的な外資系メーカー(ハードウェア・ソフトウェア)
日本IBM、日本HP(ヒューレット・パッカード)、DELL、アドビシステムズなど

ITベンダー(ハードウェア・ソフトウェア)

メーカーとは異なり、開発機能は日本支社に置かず、外資系企業の本社で開発した製品やサービスを日本市場に向けて販売し流通させることがメインとなります。多くの場合、営業やマーケティング職の求人ニーズのみ存在するため、エンジニアやプログラマなど開発職への転職をお考えの方は、対象の外資系企業がメーカーであるのかベンダーであるのか、もしくはどちらに重きを置く企業であるのか見極めることが重要です。

※代表的な外資系ベンダー(ハードウェア・ソフトウェア)
日本マイクロソフト、日本オラクル、インテル、アップルジャパンなど

ITコンサルティング

ITコンサルティング企業とは、企業の経営課題や業務課題に対して最適なITソリューションを提供し、導入の支援を行う企業を指します。ITに関する幅広く深い知見を持ち、企業の課題やビジネスモデルを正確に把握し、ITソリューションを提案することのできるコンサルタントが求められています。

※代表的な外資系ITコンサルティング企業
アクセンチュア、アビームコンサルティング、日本IBM、日本ユニシスなど

Webサービス関連

外資系IT業界の中でも、ここ数年特に人気が高いのがWebサービス関連の仕事です。スマートフォンアプリの開発やクラウドサービスの提供など、業務内容が多岐に渡り、IT業界でも最もトレンドの変化や技術の進歩が目覚ましい業種です。

※代表的なWebサービス関連企業
Google、アマゾンジャパン、フェイスブックジャパン、ヤフージャパンなど

外資系IT業界の主な職種

プロジェクトマネジャー(PM)

外資系IT企業では、プロジェクト単位で業務を進めることが基本となるため、プロジェクトの計画・推進・管理を行うプロジェクトマネジャーの採用ニーズは極めて高く存在します。転職にあたっては、プロジェクトマネジャーとしての実務経験(最低5年以上)が必須であり、また、PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)資格ホルダーであれば転職活動を有利に進めることができます。

※PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)とは?
PMPとは、アメリカの非営利団体PMIが認定しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。PMPの受験資格として、最低でも4,500時間以上・3年以上のプロジェクトマネジメント実務経験を求められるため、非常に取得の難しい資格です。

ITエンジニア

システムエンジニア・ネットワークエンジニア・セキュリティエンジニアなど、ITエンジニアは外資系IT業界においてバックオフィス業務に従事する代表的な職種です。近年では外資系企業のITエンジニア採用ニーズは高まっており、転職直後に年収600~700万円を実現することも可能です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、顧客企業の経営課題や業務上の課題を分析し、最適なITソリューションを提案することが主な業務となります。外資系IT業界において特に激務で知られる職種であるため、効率的に業務を進める能力と激務に耐える体力と精神力が重要です。

Webエンジニア

WebシステムやWebアプリケーションの開発を行います。最先端の技術を習得することができ、好条件の待遇・年収を提示している外資系企業が多いため、非常に人気の高い職種です。

外資系IT業界の特徴

プロジェクト単位で業務を遂行する

外資系IT企業の業務は、基本的に顧客からの依頼をベースとしたプロジェクト単位で進行します。自らプロジェクトマネジャーとして業務を遂行する場合、プロジェクトチームの結成から納品までの全ての業務を一手に担う必要があるため、高いマネジメント能力とコミュニケーション能力が必要となります。

技術の進歩やトレンドの変化が極めて早い

他の業界と比較して、外資系IT業界は技術の進歩が極めて早いため、市場のトレンドや製品知識の絶え間ない変化に適応し、開発手法や営業手法を柔軟に変化させていくことが必要となります。よって転職活動にあたっては、その時々の最先端のノウハウや技術を持ち、実務経験があれば高く評価されます。

人材の流動性が高い

上述のように外資系IT業界では技術の進歩やトレンドの変化が激しいため、並行して外資系IT企業で働く人材の流動性も高い傾向があります。また、外資系IT業界はベンチャー企業が非常に多いため、M&Aが活発に行われており、結果として所属する組織やポジションが突然変わることもあるなど、雇用リスクは小さくありません。ただし一方で、IT業界はキャリアアップのスピードも早いため、20代や30代で年収1,000万円を超えることは珍しくない、というメリットもあります。

外資系IT企業に求められる人材要件

同業種・同職種での実務経験

外資系IT企業への転職にあたっては、転職を希望する企業と同業種・同職種での実務経験を強く求められます。どの業種・職種であっても最低3年以上の実務経験を求められることが一般的です。

知的激務に耐える体力と精神力

外資系IT企業の業務は、他の業界と比較して激務となることが多いため、それに耐える体力と精神力が必要です。早朝業務や自宅での持ち帰り業務を行うことも珍しくないため、ワークライフバランスを重視する方にはストレスとなってしまうこともあります。

絶え間ない変化に対応する順応性

絶え間ない市場の変化や技術の進歩に合わせて、最新の業界動向や知識の習得を積極的に行うことが強く求められます。また、周囲の人間関係や組織体系も目まぐるしく変化していくため、環境の変化に対するストレス耐性も必要となります。

論理的思考能力とコミュニケーション能力

営業やコンサルタントなどのフロントオフィス業務に従事する場合は、顧客との課題やニーズを正しく理解し最適なソリューションを提案する能力が求められます。エンジニアやプログラマなどのバックオフィス業務に従事する場合は、本社外国人スタッフとのミーティングにおいて論理的にコミュニケーションする力が求められ、またマネジャークラスのポジションであれば、顧客とのミーティングに同席することもあります。また、共に少なくともTOEICスコア700点以上の英語力を求められることが一般的です。

外資系IT業界に強い転職エージェント

外資系IT業界へ転職するにあたっては、求人情報はもちろんのこと、個別企業の経営スタイルや事業戦略、企業風土、人事評価制度、報酬体系など、事前の情報収集が非常に大事です。また、企業ごとの職務経歴書のポイントや面接通過のポイントなどの情報についても、事前におさえておきたいところです。一人で情報収集をするのは限界がありますので、外資系に強い下記転職エージェントを活用して情報を効率的に集めましょう。

リクルートエージェントは、国内最大手ということで他社に比べて非公開求人数も圧倒的なので、まずはじめに登録しておきたい転職エージェントです。特にアジア圏には50拠点近くを展開しており、アジア系企業への転職の際にはぜひとも活用したいサービスです。アデコは、スイス発の外資系転職エージェントなので、日系転職エージェントよりも外資系の求人に強いという特徴があります。また、外資系の企業に精通したコンサルタントも豊富で、登録後に色々なアドバイスを受けることができます。一方、JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントで独自のグローバルネットワークを保有しています。

上記の転職エージェントでは、一般の転職市場では出回っていない非公開の求人情報にリーチすることもできますので、ぜひ転職エージェントを活用してアドバイスを受けることをおすすめします。

関連記事