外資系企業の人事の求人

外資系企業の人事の仕事とは、具体的にどのようなものでしょうか?日系企業にはない外資系企業特有の業務内容や求められる人材像・スキル・資格がありますので、詳しく解説します。

個人の業務・責任の範囲が大きい

日系企業と比較すると、外資系企業の人事部門は手薄な体制となっていることが一般的です。このような体制を敷く理由としては、日本法人や支社はあくまでもブランチであり、本社で人事部門を一元管理することでコスト効率がよくなるのであれば、集約型の組織を本社中心に構築したいと考えるためです。

また、初めて日本市場に参入する場合など、日本市場でのビジネス経験者が少ない場合、本社の人間は日本独自の法律やルール・商慣習に関する知識を持ち合わせていません。よって、外資系企業が人事部門の人材を採用する際には、日本国内での実務経験の豊富な人事のエキスパートを採用したいとする傾向が強くあります。

上記2点の理由から、外資系企業の人事セクションは少数精鋭であることが多く、個人の業務や責任の範囲が大きくなります。とはいえ、人事セクションとして、採用業務や給与計算業務、保険・年金の手続きといった業務は取り組むべき基本業務であるため、多くの外資系企業の人事セクションでは、アウトソーシングや派遣社員などでリソースの不足を補っているケースが多くあります。

特に、採用業務に関しては、応募する側として状況を知っておくべき業務であるため補足の解説をすると、人事部門に限らず、外資系企業は人材紹介会社を活用して即戦力となる中途採用を行う傾向が強くあります。求人サイトなどに求人を掲載することもありますが、少数精鋭で組織する部門であればあるほど採用対象となる即戦力の人材は限られてきますので、その傾向は強く表れます。

この採用における取り組みにより、人材紹介会社の登録者の中から条件に合う人材をピックアップしてもらうことで母集団を形成するだけでなく、キャリアコンサルタントに選考業務の一部を委託することで、人事部門のリソース不足を補います。また人事部門は、上記のような外注先との折衝や、派遣社員の管理・部下の指導にも当たるため、日系企業よりマネジメントすべき対象が多く、より高いマネジメント能力が求められます。

採用に関しては人事権を持たない

外資系企業の人事セクションの仕事の特徴として、日系企業と決定的に違う点は、人事部が人事権(採用の意思決定権)を持たないことです。日系企業では、候補者の中から最終的な内定者を決める権限が人事部に与えられていることが一般的ですが、一方で、外資系企業では求職者の所属先となる所管部署の責任者が最終的な採用決定権を持ちます。これは、外資系企業の各部署の責任者には大きな権限が与えられており、同時に収益目標に対して大きな責任を持たされていることが原則となっているためです。

この制度が敷かれていることにより、外資系企業の人事部門は採用活動のサポートを行うことはありますが、最終的な意思決定に携わることはありません。とは言え、サポート役として人事部門が担う役割は大きく、各部署と連携・調整しながらミッションを遂行する必要があります。各部署の責任者は、採用に関する労働マーケットのトレンドを把握しているわけではないため、人事部門に対して専門性の高い意見を求めることは少なくありません。

日本とは異なる概念での人事制度設計

外資系企業の人事制度は、日系企業と異なる概念・方法で設計されていることがあるため注意が必要です。

代表的なものとして、C&Bと呼ばれる概念があり、「C&Bスペシャリスト」や「C&Bエキスパート」のような職種名で人材の採用を行っています。C&Bとは、「Compensation(コンペンセーション)& Benefit(ベネフィット)」の略語であり、主にアメリカ系の外資系企業で用いられています。これは、人事制度を構築するにあたって、「報酬」(給与・賞与・インセンティブ・コミッション)と「福利厚生」(保険・年金・休暇・ストックオプション)を統合的に捉えるべきという概念であり、より噛み砕いて言えば、この2つのコストは従業員に対して労働対価として正当に支払われるべきであり、統合して管理することでより良い人材マネジメントを実現することができるという考え方です。

上記のような外資系企業特有の人事制度下における実務経験があれば、より有利に転職活動を進めることができ、また未経験であっても、制度を理解し実務経験を積むことで、外資系企業の人事スペシャリストとしての市場価値を高めることができます。

外資系企業の人事への転職に強い転職エージェント

外資系企業の人事へ転職するにあたっては、求人情報はもちろんのこと、個別企業の経営スタイルや事業戦略、企業風土、人事評価制度、報酬体系など、事前の情報収集が非常に大事です。また、企業ごとの職務経歴書のポイントや面接通過のポイントなどの情報についても、事前におさえておきたいところです。一人で情報収集をするのは限界がありますので、外資系に強い下記転職エージェントを活用して情報を効率的に集めましょう。

リクルートエージェントは、国内最大手ということで他社に比べて非公開求人数も圧倒的なので、まずはじめに登録しておきたい転職エージェントです。特にアジア圏には50拠点近くを展開しており、アジア系企業への転職の際にはぜひとも活用したいサービスです。アデコは、スイス発の外資系転職エージェントなので、日系転職エージェントよりも外資系の求人に強いという特徴があります。また、外資系の企業に精通したコンサルタントも豊富で、登録後に色々なアドバイスを受けることができます。一方、JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントで独自のグローバルネットワークを保有しています。

上記の転職エージェントでは、一般の転職市場では出回っていない非公開の求人情報にリーチすることもできますので、ぜひ転職エージェントを活用してアドバイスを受けることをおすすめします。

人事への転職を成功させるために

外資系企業の人事セクションは少数精鋭で組まれているため、日本市場への参入時や現任者の退職時など、限られたタイミングでなければ求人ニーズは発生しません。つまり、希望する条件に合致する求人が常に存在するわけでは無いため、転職活動においては、今ある選択肢の中から焦って転職先を決めるのではなく、一定期間は覚悟をして希望する条件にマッチする求人を待つことも大切です。また、求人情報をタイムリーに仕入れるために、求人サイトへの会員登録や人材紹介会社への登録を行い、体制を整えておきましょう。

関連記事