外資系食品・飲料業界の求人・年収

外資系食品・飲料業界には、国際競争力が高く日本市場における認知度の高い食品・飲料を開発・販売する食品・飲料メーカーが多数存在します。ここでは、外資系食品・飲料メーカーの事業内容・職種・求められる人材要件について解説していますので、外資系企食品・飲料メーカーへの転職をお考えの方であれば、必ずチェックしておきましょう。

外資系食品・飲料業界の特徴

ここでは、外資系食品・飲料業界における2つの特徴について解説しています。外資系食品・飲料メーカーへの転職をお考えの方であれば必ずおさえておくべきトピックですので、必ず確認しておきましょう。

少子高齢化に伴い、日本国内の食品需要は低下傾向

少子高齢化・人口減少の影響を受け、日本国内の食品需要は頭打ちないしは低下傾向に推移しています。この傾向は日本市場に参入している外資系食品・飲料メーカーにも大きな影響を与えており、開拓の余地があるアジア諸国のマーケットに目を付け、中国や東南アジアを始めとした近隣諸国への注力度を高める外資系食品・飲料メーカーも存在します。よって、日本市場における競争力の低い外資系食品・飲料メーカーであれば、市場撤退による解雇(リストラ・レイオフ)の可能性が高いということが言えるため、転職活動において各外資系食品・飲料メーカーの業績(P/L、B/Sなど)やエリア戦略について詳しく調査しておきましょう。

高い営業力と商品企画力(マーケティング力)を持つ

外資系食品・飲料メーカーは日本市場において、日系食品・飲料メーカーよりも知名度が低く、加えて広告宣伝費に投じる予算が少ないことが一般的であるため、高い営業力と商品企画力(マーケティング力)を武器に日本市場におけるシェアを拡大しています。よって、営業職やマーケティング職としてのキャリアアップを目指したいとお考えの方であれば、日系食品・飲料メーカーでは学ぶことのできないノウハウを習得することが可能であるため、外資系食品・飲料メーカーへの転職をおすすめします。

外資系食品・飲料業界の代表的な職種と年収

外資系食品・飲料業界には様々な職種が存在しますが、ここでは、外資系食品メーカーや飲料メーカーの採用ニーズの高い、代表的な2つの職種と年収について解説しています。

営業への転職

外資系食品メーカー・飲料メーカーの日本法人は、販売促進・販路拡大の拠点としての役割が大きいため、営業職の採用ニーズが常に高い状態にあります。外資系食品・飲料メーカーの営業の具体的な業務内容としては、日本国内の食品卸業者や食品販売店を対象に自社食品の流通や販売を促すことが挙げられます。

また、外資系食品・飲料メーカーの営業職の年収としては、日系食品・飲料メーカーよりも高い水準であることが多く、スタッフクラスであれば平均600万円~700万円程度、マネジャークラスであれば800万円~900万円程度を期待することができます。

商品開発(マーケティング)への転職

営業職と合わせて、外資系食品・飲料メーカーの日本法人では、日本人向けに商品開発を行う人材を積極的に採用しています。外資系食品・飲料メーカーの商品開発職・マーケティング職の年収としては、営業職と同様に、日系食品・飲料メーカーよりも高い水準であることが多く、平均700万円~800万円程度の年収を期待することが可能です。また、未経験からの転職は難しく、食品・飲料メーカーでの商品開発・マーケティングの実務経験を厳しくチェックされます。

外資系食品・飲料業界に求められる人材要件

ここでは、外資系食品・飲料業界への転職において、一般的に求められる2つの人材要件について解説しています。具体的な人材要件については、各外資系企業の求人票を確認する必要がありますが、基本的な情報としておさえておきましょう。

実務経験と実績

外資系企業への転職全般に言えることではありますが、外資系食品・飲料業界への転職においても実務経験と実績を厳しくチェックされます。外資系食品・飲料メーカーは、営業職・マーケティング職に従事する人材を強く募集しているため、これらの職種における日系食品・飲料メーカーでの実務経験のある方であれば、転職活動において高い評価を得ることが可能です。また、実務経験を重視する1つの理由として、外資系食品・飲料メーカーへの転職においては、特に重視される専門資格が無いことも挙げられます。

英語力(TOEIC)

外資系食品・飲料メーカーと言っても、日本法人のクライアントは日系企業であることがほとんどであるため、営業などフロントオフィス業務において英語力を求められるシーンはさほど存在しません。しかし、社内ミーティングや上司への報告業務において、英語でのコミュニケーションや英文での資料作成を求められるため、日常会話レベルの英語力は必要となります。よって、TOEICスコアとしては、最低でも700点以上が必要であり、マネジャークラス以上の転職にあたっては最低でも800点以上が必要となります。

外資系食品・飲料業界に強い転職エージェント

外資系食品・飲料業界へ転職するにあたっては、求人情報はもちろんのこと、個別企業の経営スタイルや事業戦略、企業風土、人事評価制度、報酬体系など、事前の情報収集が非常に大事です。また、企業ごとの職務経歴書のポイントや面接通過のポイントなどの情報についても、事前におさえておきたいところです。一人で情報収集をするのは限界がありますので、外資系に強い下記転職エージェントを活用して情報を効率的に集めましょう。

リクルートエージェントは、国内最大手ということで他社に比べて非公開求人数も圧倒的なので、まずはじめに登録しておきたい転職エージェントです。特にアジア圏には50拠点近くを展開しており、アジア系企業への転職の際にはぜひとも活用したいサービスです。アデコは、スイス発の外資系転職エージェントなので、日系転職エージェントよりも外資系の求人に強いという特徴があります。また、外資系の企業に精通したコンサルタントも豊富で、登録後に色々なアドバイスを受けることができます。一方、JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントで独自のグローバルネットワークを保有しています。

上記の転職エージェントでは、一般の転職市場では出回っていない非公開の求人情報にリーチすることもできますので、ぜひ転職エージェントを活用してアドバイスを受けることをおすすめします。

関連記事