外資系企業で必要な英語力

外資系企業の転職といえば、不安になるのはどこまでの英語が求められるのかという点です。いくら本に「ブロークンイングリッシュで十分」と書いてあっても、気になるものは気になります。

たとえば、転職時に応募資格に上がるのはTOIECの点数ですが、ISSコンサルティングの調査によると外資系転職者の7割は800点以上という結果が出ています。電子部品などの製造メーカーであるボッシュ・イン・ジャパンでは、事務職や技術職に求められる英語力としてTOEIC800点以上を必要要件にいていますし、TOIECの水準は800点というのが一つの目安だと考えてよいでしょう。

また、日々の業務のなかで英語が必要なシーンは、下記のようになります。

  • 話し相手が伝えたい内容を理解する力
  • 話し相手に情報を伝える力
  • メールや文書を読んで理解する力
  • メールや文書を書く力
  • ディベートをする力

ただ、英語がネイティブという国のほうが少ないので、物怖じせずに伝えようとする姿勢・聴き取ろうとする姿勢のほうが重要です。分からない単語やフレーズがあったら、その都度調べたり聞いたりして、入社後に実践を通して英語を身につけた方も少なくありません。

なお、英語で日常会話をするのと、ディベートをするのとでは勝手が違いますので、注意が必要です。会議でしっかりと存在を認識してもらうには、英語でディベートを行う力も重要です。こればかりは、鍛えるしかない部分ですので、ディベートの作法やディベートで使われる英語をしっかりと身につけておくのがよいでしょう。

いずれにせよ、企業の期待値は、転職者の技術や専門性、人間性などのほうに重きが置かれていますので、英語に不安があるからといって諦めずにまずは周りや転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

関連記事