外資系アパレル業界の求人・年収

外資系アパレル企業にとって、日本市場は購買力の高い魅力的な市場であるため、様々な企業が積極的に参入してきており、人材の採用ニーズも安定的に高い状態にあります。ここでは、外資系アパレル業界の特徴や職種、求められる人材要件について解説しています。

外資系アパレル業界の特徴

外資系アパレル業界には、日系アパレル業界や他の業界にはない特徴が存在するため、転職活動の予備知識としておさえておくことが重要です。ここでは、外資系アパレル業界の主な3つの特徴について解説しています。

外資系アパレルブランドは二極化の傾向が顕著である

近年日本市場に参入する外資系アパレル企業は、ファストファッション系(GAP・ZARA・H&Mなど)とハイブランド系(エルメス・ルイヴィトン・バーバリー・グッチなど)に二極化される傾向があります。それぞれ、日本市場における販売戦略や採用ニーズが異なるため、転職活動においては見極めが必要となります。

まず、ファストファッション系であれば、日本市場における販路拡大と販売促進が最大の目的となるため、店頭での接客を担当する販売スタッフや店舗をマネジメントする店長クラスの人材が強く求められます。

一方で、ハイブランド系であれば、ファストファッション系と同じく店舗スタッフの強い採用ニーズがありますが、日本市場における商品企画やブランド戦略を担当するマーチャンダイザー(MD)やプレスの採用ニーズも存在します。また、転職活動にあたっては、ファストファッション系と比較して、求人数が少なく英語力や長期の実務経験を求められるため、狭き門であることが一般的です。

他の職種へのキャリアチェンジが難しい

外資系アパレル業界では、日系アパレル業界とは異なり、例えば販売スタッフからプレスへの転職といったキャリアチェンジはかなり難しいと言えます。理由は主に2点あり、1点目に転職にあたって職種毎の実務経験と実績が極めて重視されること、2点目にそもそもプレスやマーチャンダイザー(MD)といった職種の採用ニーズが高くないことが挙げられます。もちろん、社内転職制度を整えている外資系アパレル企業もありますが、一般的には現在従事している職種での転職となるため注意が必要です。

性別や年齢によって転職先が制限されることが多い

外資系アパレルメーカーへの転職であれば、メーカーのメインターゲットの性別や年齢にマッチした人材を優先的に採用する傾向があります。特に販売スタッフや店長といった店舗スタッフは、顧客に最も近いブランドイメージに直結する人材であるため、性別や年齢が特に重視されます。

外資系アパレル業界の代表的な職種と年収

外資系に限らず、アパレル業界には様々な職種が存在します。ここでは、その中でも特に外資系アパレル業界の採用ニーズの高い代表的な職種と年収について解説しています。

販売スタッフ(セールススタッフ・ファッションアドバイザー)への転職

販売スタッフ(セールススタッフ・ファッションアドバイザー)は、顧客への商品の販売を担当します。日系企業と同様に、外資系企業においても最も採用ニーズの高い職種であり、常に豊富な求人案件が揃っています。求められる人材要件としては、店舗や個人毎の売上目標を達成できる高い販売力と、ブランドや商品に関する深い知識が挙げられます。また年収は、スタッフクラスで300万円程度、スーパーバイザー(SV)クラスで400万円程度となることが一般的です。

店長・店舗マネジャーへの転職

店舗管理や商品管理・販売スタッフのマネジメントを担当し、店舗の売上目標に強くコミットすることが求められます。外資系アパレル企業が特に積極的に採用している職種であるため、複数の選択肢を持って有利に転職活動を進めることができます。ファストファッション系であれば年収400万円~500万円程度、ハイブランド系であれば年収600万円以上となることが一般的です。

プレスへの転職

プレスは、商品やブランドのイメージ戦略に関わる職種であり、商品の貸し出しや取材対応、展示会やイベントの企画・広報を担当します。安定的に採用ニーズのある職種ではないため、じっくりと腰を据えて転職活動を行うことが求められます。また年収としては、500万円以上を期待することができます。

マーチャンダイザー(MD)への転職

マーチャンダイザー(MD)は、マーチャンダイジングと呼ばれる企業のブランドや商品の企画から開発までを担当する職種です。業務の領域は極めて広く、市場のマーケティングや分析などのバックオフィス業務と、商品プロデュースのための展示会開催や顧客への営業・プレゼンテーションなどのフロントオフィス業務の両方を実務として執り行います。

また、マーチャンダイザー(MD)は業務内容によってさらに細かく分類されることがあり、店舗デザインや商品陳列といった店舗や商品の視覚的な演出を専門とするビジュアル・マーチャンダイジング(VMD)や、店舗への商品の仕入れを専門的に行うバイヤーなどがあります。

マーチャンダイザー(MD)の年収はアパレル業界でもトップクラスであり、600万円以上の年収を獲得することも可能です。ただし、転職にあたっては実務経験と実績を厳しくチェックされるため、20代での転職は厳しいと言えます。

デザイナー・パタンナーへの転職

デザイナーは、アパレル商品のデザインを担当する職種であり、アパレル業界の花形的職種として位置づけられています。またパタンナーは、デザイナーが描いたデザイン画をベースにして洋服の型紙を作る職種を指します。共に外資系企業の採用ニーズが極めて少ない職種であるため注意が必要です。

外資系アパレル企業に求められる人材要件

外資系アパレル企業への転職にあたっては、特に実務経験と実績を強く求められます。外資系企業によって人材要件は様々ですが、ここでは一般的に求められる人材要件について、またアパレル系の専門資格の有用性について解説しています。

転職後の職種における実務経験と実績

上述の通り、外資系アパレル企業では現在の職種と転職後の職種が一致していることが強く求められます。よって、例えば店長・店舗マネジャーへの転職であれば、3年以上の店長経験や店舗運営経験、また海外との取引経験を求められることが一般的です。また、ハイブランド系の外資系アパレルメーカーへの転職であれば、同性・同年代をターゲットとしたハイブランド系メーカーでの実務経験を求められるなど、かなり細かく実務経験の定義がなされるため、転職にあたっては注意が必要です。

英語力(TOEIC)

職種によって求められるレベルは異なりますが、外資系企業である以上、一定の英語力を求められます。店長や店舗マネジャークラスであれば、本社への報告業務などを英語で行う必要があるため、TOEICスコア700点以上を求められます。また、プレス・マーチャンダイザー(MD)・バイヤーであれば、英語でのコミュニケーション頻度が高い職種となるため、TOEICスコア850~900点程度を求められます。

アパレル系の専門資格について

販売士やカラーコーディネーターなど、アパレル系の専門資格をお持ちの方や資格の取得を目指している方もいらっしゃるかと思いますが、外資系アパレル企業への転職にあたっては、これらの専門資格によって転職活動が有利になることは基本的にありません。転職活動においては、自身の実務経験と実績を客観的に分析しアピールすることが重要です。

外資系アパレル業界に強い転職エージェント

外資系アパレル業界へ転職するにあたっては、求人情報はもちろんのこと、個別企業の経営スタイルや事業戦略、企業風土、人事評価制度、報酬体系など、事前の情報収集が非常に大事です。また、企業ごとの職務経歴書のポイントや面接通過のポイントなどの情報についても、事前におさえておきたいところです。一人で情報収集をするのは限界がありますので、外資系に強い下記転職エージェントを活用して情報を効率的に集めましょう。

リクルートエージェントは、国内最大手ということで他社に比べて非公開求人数も圧倒的なので、まずはじめに登録しておきたい転職エージェントです。特にアジア圏には50拠点近くを展開しており、アジア系企業への転職の際にはぜひとも活用したいサービスです。アデコは、スイス発の外資系転職エージェントなので、日系転職エージェントよりも外資系の求人に強いという特徴があります。また、外資系の企業に精通したコンサルタントも豊富で、登録後に色々なアドバイスを受けることができます。一方、JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントで独自のグローバルネットワークを保有しています。

上記の転職エージェントでは、一般の転職市場では出回っていない非公開の求人情報にリーチすることもできますので、ぜひ転職エージェントを活用してアドバイスを受けることをおすすめします。

関連記事