外資系保険会社の年収ランキング

外資系保険会社に転職することで、まず日系保険会社ではお目にかかることのできない高い年収を獲得することが可能であるため、上昇志向が強く高い年収を獲得したいとお考えの方に外資系保険会社は非常に魅力的であると言えます。ここでは、外資系保険会社の給与体系の特徴や具体的な職種・役職・企業別の年収について解説しています。

外資系保険会社の年収・給与体系の特徴

ここでは、外資系保険会社の年収・給与体系に関する主な2つの特徴について解説していますので、外資系保険会社への転職活動における基本情報としてチェックしておきましょう。

成果主義が徹底されており、スピーディーな年収アップが可能

外資系保険会社では、営業職を中心に徹底した成果主義が敷かれているため、年齢・性別・実務年数に左右されること無く、目標を達成し高いパフォーマンスを残すことのできる人材を高く評価します。よって、スピーディーな年収アップやキャリアアップを実現することが可能であるため、自身の業績をダイレクトに年収や役職に反映して欲しいとお考えの方であれば、働きがいのある環境であると言えます。

営業職であれば、外資系企業の中でもトップクラスの年収を獲得できる

上述の通り、外資系保険会社では営業職を中心に徹底した成果主義が敷かれており、営業職の年収としては外資系企業の中でもトップクラスの年収を誇ります。外資系保険会社の営業職がトップクラスの年収を実現できる最大の理由としては、保険業界特有のコミッション制度(歩合制度)が挙げられますが、外資系保険業界ではフルコミッション制度(完全歩合制度)を採るケースも珍しくなく、自身の営業成績によって年収を大幅にアップさせることが可能です。

ただし一方で、トップクラスの年収を獲得し続けるためには、与えられた目標を達成し高いパフォーマンスを残し続けることが前提条件となるため、この条件を満たすことができなければ即解雇(リストラ)の対象となってしまう可能性が高い点には注意が必要です。

職種・役職別の外資系保険会社の年収ランキング

ここでは、外資系保険会社の代表的な職種・役職別の年収について解説しています。具体的な年収は各外資系保険会社によって異なりますが、外資系保険会社の基本的な給与水準として確認しておきましょう。また、外資系保険会社の特徴として、営業職だけではなくアクチュアリーなど専門性の高い職種の年収も高く設定されていることもチェックしておきましょう。

営業職の年収

外資系保険会社の営業職は、他の職種と比較して特に高い年収を期待することができるため、年収アップを目的として外資系企業への転職をお考えの方に人気の高い職種となっています。具体的な外資系保険会社の営業の年収としては、平均800万円~1,000万円程度となっていますが、年収に占めるインセンティブ(賞与)の割合が高いこともあり、トップクラスの営業であれば1億円を超える年収を獲得できるケースも存在します。

商品開発・マーケティング職の年収

保険は特に他社との差別化を図りづらい商材であるため、外資系保険会社は日本人向けに商品開発やマーケティングを行う人材を積極的に採用しており、日系保険会社よりも高い給与を支払うケースが一般的です。具体的な外資系保険会社の商品開発・マーケティング職の年収としては、平均700万円~900万円程度となることが多いと言えます。

アクチュアリーの年収

高度な数学能力と幅広い知識が必須となるアクチュアリーは、そもそも資格ホルダーの母数が少ないため、外資系保険会社はアクチュアリーを積極的に採用しています。具体的な外資系保険会社のアクチュアリーの年収としては、平均1,000万円~1,500万円程度となることが一般的であり、高い年収を獲得することが可能です。

企業別の外資系保険会社の年収ランキング

営業職を筆頭に、外資系企業の中でもトップクラスの年収を期待することができる外資系保険会社ですが、具体的な年収は企業毎に異なるため、転職活動においては各外資系保険会社の役職別の年収をチェックしておきましょう。

外資系保険会社の中でも、特に高い年収を獲得することができることで知られているのは、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)とアリアンツであり、平均年収としては900万円~1,000万円程度となっています。

特に高い年収を獲得することができる外資系保険会社

アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック/アメリカ)、アリアンツ(ドイツ)、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG/アメリカ)、プルデンシャル生命保険(アメリカ)、アクサ(AXA/フランス)