外資系戦略コンサルティングファームの年収ランキング

外資系戦略コンサルティングファームに転職することで、外資系企業の中でもトップクラスの年収を獲得することが可能であるため、上昇志向が強く高い年収を獲得したいとお考えの方に外資系戦略コンサルティングファームの人気は極めて高いと言えます。ここでは、外資系戦略コンサルティングファームの給与体系の特徴や具体的な職種・役職・企業別の年収について解説しています。

外資系戦略コンサルティングファームの年収・給与体系の特徴

ここでは、外資系戦略コンサルティングファームの年収・給与体系に関する主な3つの特徴について解説していますので、外資系戦略コンサルティングファームへの転職活動における基本情報としてチェックしておきましょう。

外資系企業の中でもトップクラスの年収を獲得できる

上述の通り、外資系戦略コンサルティングファームに転職することで、外資系企業の中でもトップクラスの年収を獲得することが可能です。よって、高い年収を獲得することを主な目的として外資系企業への転職をお考えの方であれば、外資系戦略コンサルティングファームの年収は極めて魅力的であると言えます。しかしながら一方で、トップクラスの年収を獲得し続けるためには、トップクラスの激務に耐え抜き、求められる成果を残し続けることが前提条件となるため、厳しい生存競争を生き抜く体力・精神力・実務能力が必須となります。

スピーディーなキャリアアップ・年収アップを実現できる

外資系戦略コンサルティングファームでは、徹底した成果主義に基づく人事評価制度が整えられていることが一般的であるため、年齢・性別・実務年数などに関係なくスピーディーなキャリアアップ・年収アップを実現することが可能です。上述の通り、外資系戦略コンサルティングファームに転職することで外資系企業の中でもトップクラスの激務に従事することになりますが、人事評価において自身の業績を明確に評価して欲しいとお考えの方であれば、やりがいの大きい労働環境であるとも言えます。

昇進に合わせて、年収に占めるインセンティブ(賞与)の割合が増加する

外資系戦略コンサルティングファームの年収は、ベースサラリー(基本給)とインセンティブ(賞与)の2つによって構成されることが一般的であると言えます。また、ベースサラリーとインセンティブの年収に占める比率は昇進に合わせて変化し、高い役職であればあるほどインセンティブ(賞与)の割合が高まることが一般的であると言えます。外資系戦略コンサルティングファームがこのような給与体系を採る理由としては、徹底した成果主義に基づき個人の業績に対してインセンティブという形で明確な評価を行うということが挙げられますが、リスク分散の観点からできる限り給与を変動費化したいという実情も存在します。

職種・役職別の外資系戦略系コンサルティング会社の年収ランキング

ここでは、外資系戦略コンサルティングファームの代表的な職種・役職別の年収について解説しています。具体的な年収は各外資系戦略コンサルティングファームによって異なりますが、外資系戦略コンサルティングファームの基本的な給与水準として確認しておきましょう。

ジュニアクラス(アナリスト・コンサルタント)の年収

新卒や第2新卒(社会人3年目)の方であれば、まずジュニアクラスのコンサルタントとして従事するケースが一般的です。外資系戦略コンサルティングファームにおいて最も低い役職ではありますが、平均的な年収は700万円~800万円程度となっており、日系企業と比較すると極めて高い年収を獲得することができます。

マネジャークラス(マネジャー・シニアマネジャー)の年収

3年以上の戦略系コンサルタントとしての実務経験と実績のある方であれば、マネジャークラスとして従事することが一般的です。ジュニアクラスと比較すると、業務内容の難易度が高く与えられる責任も大きくなるため、大幅な年収アップを期待することができ、年収に占めるインセンティブの割合も高まります。平均的な年収は1,000万円~1,200万円程度となっており、極めて高い年収を獲得することができます。

シニアクラス(パートナー・ディレクター)の年収

外資系戦略コンサルティングファームにおいて、長期の実務経験と目覚ましい実績のある方であれば、シニアクラスのコンサルタントとして業務に従事することになります。マネジャークラスよりもさらに高い年収を獲得することが可能であり、平均的なシニアクラスの年収としては、1,500万円以上となることが一般的です。

企業別の外資系戦略コンサルティングファームの年収ランキング

外資系企業の中でもトップクラスの年収を期待することができる外資系戦略コンサルティングファームですが、具体的な年収は企業毎に異なるため、転職活動においては各外資系戦略コンサルティングファームの役職別の年収をチェックしておきましょう。

外資系コンサルティングファームの年収を企業別に見た場合、マッキンゼー・アンド・カンパニーとボストン・コンサルティング・グループの給与水準が特に高く、以下のように特にアメリカ系戦略コンサルティングファームの給与水準が高いと言えます。

特に高い年収を獲得することができる外資系戦略コンサルティングファーム

マッキンゼー・アンド・カンパニー(アメリカ)、ボストン・コンサルティング・グループ(アメリカ)、A.T.カーニー(アメリカ)、ベイン・アンド・カンパニー(アメリカ)、ブーズ・アレン・ハミルトン(アメリカ)、ローランド・ベルガー(ドイツ)