オーストラリア系企業の年収ランキング

オーストラリアと日本の国際関係は良好であり、貿易も活発に行われていることから、日本市場に興味を持ち参入するオーストラリア系企業は多く存在します。ここでは、オーストラリアの外資系企業の年収・給与体系の特徴や、業界・業種別の年収について解説しています。

オーストラリア系企業の年収・給与体系の特徴

ここでは、オーストラリア系企業の年収・給与体系の特徴について解説しています。オーストラリア系企業の具体的な年収は、業界や職種によって異なりますが、オーストラリア系企業の年収に関する基本情報としてチェックしておきましょう。

緩やかな成果主義を採るため、スピーディーな年収アップを目指すことは難しい

オーストラリア系企業は、日系企業と比較すれば、成果主義に基づいた人事評価制度や給与体系を整えているものの、アメリカ系企業のように徹底した成果主義を採ってはいません。よって、オーストラリア系企業ではスピーディーな年収アップを目指すことは難しく、高い年収の獲得を目的として外資系企業への転職を目指す方にはおすすめであるとは言えません。しかし、一方で、オーストラリア系企業ではワークライフバランスが重視されており、長期休暇や有給休暇を取得しやすい制度・環境が整えられていることから、働きやすさを重視したいとお考えの方にとって転職のメリットは大きいと言えます。

業界・業種別のオーストラリア系企業の年収ランキング

ここでは、オーストラリア系企業を業界・業種毎に分類し、具体的な年収について紹介しています。また、職種や役職によって期待できる年収は異なるため、職種・役職毎の年収について合わせて解説しています。

オーストラリアの金融・銀行業界の年収ランキング

ここでは、金融・銀行業界の代表的な職種・役職別に、オーストラリア系金融機関・銀行の年収について解説しています。

オーストラリアの商業銀行の年収

オーストラリアの銀行は、特に商業銀行部門において国際競争力が高いことで知られています。また、オーストラリアの商業銀行の年収は、大まかではありますが、実務年数別・役職別に以下の3パターンに分類することができます。
スタッフクラス(新卒~3年目):400万円~500万円
マネジャークラス(4年目~8年目):600万円~800万円
マネジャー以上(8年目以上): 1,000万円以上

代表的なオーストラリア系銀行

オーストラリア・ニュージーランド銀行、ナショナルオーストラリア銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行、ウエストパック銀行、マッコーリー銀行

オーストラリア系企業に強い転職エージェント

上記はオーストラリア系企業全体の傾向ですが、個別企業によって報酬体系や人事評価などは大きく変わります。また、年収だけでなく企業風土や事業戦略、資本状況といった企業内部の情報や、企業ごとの職務経歴書のポイントや面接通過のポイントなどの情報についても、事前におさえておきたいところです。それらの情報を、以下の外資系に強い転職エージェントを活用して効率的に集めましょう。

関連記事